中国雑記帳

Chart Memo... Anything vault
香港株関連メモ

HOME
中国株コバンザメ投資
Contributing Authors
Recent Tweets @henshinkids

中国株投資情報なら【中国株投資情報サイト 二季報WEB】

中国銀河証券(06881)は21日、固定収益業務の業務総監を務める代旭氏と従業員2人が個人的に中国司法機関から協力を求められていることが分かったと発表した。

theeconomist:

Tomorrow’s cover, today
By fostering a personality cult and by dominating the party and the government, Xi Jinping has become China’s most powerful leader for a long time—certainly since Deng, and maybe since Mao. Our cover leader argues that his rise has profound implications for the country

theeconomist:

Tomorrow’s cover, today

By fostering a personality cult and by dominating the party and the government, Xi Jinping has become China’s most powerful leader for a long time—certainly since Deng, and maybe since Mao. Our cover leader argues that his rise has profound implications for the country

浙江大学の軍事訓練 清純派スッピン美人が登場_中国網_日本語

浙江大学で中国語を専攻する厳嘉俊さんは、在学中の4年間、毎年新入生の軍事訓練の写真を撮っている。今年は浙江大学城市学院の女子学生JOYINさんの訓練の様子を撮った。この写真を見れば、軍事訓練の女神とはどういうのをいうかわかるだろう。ネットユーザーは、「軍事訓練のときにこのような『戦友』がいれば、もう1年やると言った」と書き込んだ。

中国人による海外投資、90%以上が損を出している―米華字メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。

中国政府・商務部のウェブサイトは20日、中国経済の発展に伴い増加している中国人の海外投資について、その90%以上が損を出しているとする文章を掲載した。

米華字メディア・世界日報によると、米国における中国からの投資額は800億米ドル(約8兆2000億円)で、その範囲は各業界に及んでいる。また、多くの中国人が米国の不動産投資を行っており、その総額は約200億ドル(約2兆400億円)にのぼるという。

中国経済貿易促進会の王文利副会長は「中国の海外投資は総じて成功していない」とコメント。その理由について、中国企業2万社が海外投資をするなかで90%が損を出していることを挙げた。なかでも、米国不動産投資を含めた個人投資の損益率がより高いとのことだ。

中国人による海外投資が成功しない背景には、核心的な技術がない企業への投資、投資先企業の価値評価ができていないこと、労働組合の役割が中国と大きく異なること、独占行為、税収や環境保護、広報にかかわること、という5つの文化的、政治的、法律的問題がある。

中国人は愛想は無いけど、愛嬌がある。日本人は愛想があるけど、愛嬌がない。
中国人は知識が無いけど、知恵がある。日本人は知識があるけど、知恵が無い。
中国人は情けが無いけど、情が深い。日本人は情けは深いけど、情は無い。
中国人は伝説があるけど、伝統が無い。日本人は伝説が無いけど、伝統がある。
中国人は森を見るけど、木を見れない。日本人は森を見ずに木を見てる。
中国人は気は強いけど、芯は弱い。日本人は気は弱いけど、芯は強い。
中国人は派手だけど、雅びが無い。日本人は地味だけど、雅びがある。
中国女子は色気があるけど、艶が無い。日本女子は色気は無いけど、艶がある。
2014/08/13
 香港金融管理局(HKMA)の陳德霖・総裁は12日、香港に流入している海外マネーの一部が株式市場に向かっているとの認識を示した。香港ドル売り・米ドル買い介入の実施局面で、陳総裁が公式の場で同見解を示すのは初めてだ。
 資金流入の加速を受け、HKMAは7月1日以降、24度にわたる香港ドル売り・米ドル買いの為替介入を実施。その規模は、累計で約750億香港ドル(9900億円)に達した。足元の資金流入について陳総裁は、大きく2段階に分かれると分析。1段階目は7月初旬から中旬までで、その間、約400億香港ドルの売り介入を実施した。この段階の資金流入は、主に、企業の配当や大型企業の合併活動など企業活動に関係があると分析。例年、年半ばは配当を実施する企業が多く、(配当狙いの)資金が流入しやすい。昨年は新興市場からの資金流出が流入の影響を相殺したものの、今年は新興市場が安定しているため、資金流入の状況が比較的鮮明になったという。 
 その後、新たな変化が訪れたのは7月22日。それまで400億~500億香港ドル程度だった香港マーケットの1日当たり売買代金が、一気に700億香港ドル以上に膨らんだ日だ。これを受けて、同日から現在までの香港ドル売り介入規模は300億香港ドルを超えた。陳総裁はこの時期を「資金流入の2段階目」と定義している。
 2段階目に突入した背景には、新興市場(特に中国本土と香港市場)に対する見方が好転したことがある。香港や中国本土関連の株式を買い増し、資産配分の見直しが行われたというのだ。ただし、どの程度の資金が株式市場に流入したのか具体的な金額に関して、HKMAは統計を出していないと説明。また、香港株投資のための流入資金の背景は、新興市場への見方の好転だったり、また、上海・香港「相互乗り入れ」(両地の相互取引開放)に対する期待だったりと、正確に分析するのは難しいと付言している。
 ただし、今回の資金流入と上海・香港「相互乗り入れ」は、それほど大きく結びついていないようだ。その理由についてHKMAは、「香港経由で本土A株を購入する際には、米ドルから人民元に直接交換できるため、香港ドルに交換する必要がないため」と説明した。
 また、資金流入の一因として「ロシア企業が欧米による制裁を回避のため、保有現金を香港ドルに交換する動きを加速させた」という報道に関してもHKMAは否定的。「ロシア企業は多額の現金を保有していないのが現状で、たとえ、すべての現金を香港ドルに交換したとしても、その額はそれほど大きなものにならない」と分析した。さらに、「企業間の支払いは依然として米ドルとユーロが中心で、大量の香港ドルを保有したとしても、それは企業活動にとって限定的である」と付け加えている。