中国雑記帳

Chart Memo... Anything vault
香港株関連メモ

HOME
中国株コバンザメ投資
Contributing Authors
Recent Tweets @henshinkids

中国人による海外投資、90%以上が損を出している―米華字メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。

中国政府・商務部のウェブサイトは20日、中国経済の発展に伴い増加している中国人の海外投資について、その90%以上が損を出しているとする文章を掲載した。

米華字メディア・世界日報によると、米国における中国からの投資額は800億米ドル(約8兆2000億円)で、その範囲は各業界に及んでいる。また、多くの中国人が米国の不動産投資を行っており、その総額は約200億ドル(約2兆400億円)にのぼるという。

中国経済貿易促進会の王文利副会長は「中国の海外投資は総じて成功していない」とコメント。その理由について、中国企業2万社が海外投資をするなかで90%が損を出していることを挙げた。なかでも、米国不動産投資を含めた個人投資の損益率がより高いとのことだ。

中国人による海外投資が成功しない背景には、核心的な技術がない企業への投資、投資先企業の価値評価ができていないこと、労働組合の役割が中国と大きく異なること、独占行為、税収や環境保護、広報にかかわること、という5つの文化的、政治的、法律的問題がある。

中国人は愛想は無いけど、愛嬌がある。日本人は愛想があるけど、愛嬌がない。
中国人は知識が無いけど、知恵がある。日本人は知識があるけど、知恵が無い。
中国人は情けが無いけど、情が深い。日本人は情けは深いけど、情は無い。
中国人は伝説があるけど、伝統が無い。日本人は伝説が無いけど、伝統がある。
中国人は森を見るけど、木を見れない。日本人は森を見ずに木を見てる。
中国人は気は強いけど、芯は弱い。日本人は気は弱いけど、芯は強い。
中国人は派手だけど、雅びが無い。日本人は地味だけど、雅びがある。
中国女子は色気があるけど、艶が無い。日本女子は色気は無いけど、艶がある。
2014/08/13
 香港金融管理局(HKMA)の陳德霖・総裁は12日、香港に流入している海外マネーの一部が株式市場に向かっているとの認識を示した。香港ドル売り・米ドル買い介入の実施局面で、陳総裁が公式の場で同見解を示すのは初めてだ。
 資金流入の加速を受け、HKMAは7月1日以降、24度にわたる香港ドル売り・米ドル買いの為替介入を実施。その規模は、累計で約750億香港ドル(9900億円)に達した。足元の資金流入について陳総裁は、大きく2段階に分かれると分析。1段階目は7月初旬から中旬までで、その間、約400億香港ドルの売り介入を実施した。この段階の資金流入は、主に、企業の配当や大型企業の合併活動など企業活動に関係があると分析。例年、年半ばは配当を実施する企業が多く、(配当狙いの)資金が流入しやすい。昨年は新興市場からの資金流出が流入の影響を相殺したものの、今年は新興市場が安定しているため、資金流入の状況が比較的鮮明になったという。 
 その後、新たな変化が訪れたのは7月22日。それまで400億~500億香港ドル程度だった香港マーケットの1日当たり売買代金が、一気に700億香港ドル以上に膨らんだ日だ。これを受けて、同日から現在までの香港ドル売り介入規模は300億香港ドルを超えた。陳総裁はこの時期を「資金流入の2段階目」と定義している。
 2段階目に突入した背景には、新興市場(特に中国本土と香港市場)に対する見方が好転したことがある。香港や中国本土関連の株式を買い増し、資産配分の見直しが行われたというのだ。ただし、どの程度の資金が株式市場に流入したのか具体的な金額に関して、HKMAは統計を出していないと説明。また、香港株投資のための流入資金の背景は、新興市場への見方の好転だったり、また、上海・香港「相互乗り入れ」(両地の相互取引開放)に対する期待だったりと、正確に分析するのは難しいと付言している。
 ただし、今回の資金流入と上海・香港「相互乗り入れ」は、それほど大きく結びついていないようだ。その理由についてHKMAは、「香港経由で本土A株を購入する際には、米ドルから人民元に直接交換できるため、香港ドルに交換する必要がないため」と説明した。
 また、資金流入の一因として「ロシア企業が欧米による制裁を回避のため、保有現金を香港ドルに交換する動きを加速させた」という報道に関してもHKMAは否定的。「ロシア企業は多額の現金を保有していないのが現状で、たとえ、すべての現金を香港ドルに交換したとしても、その額はそれほど大きなものにならない」と分析した。さらに、「企業間の支払いは依然として米ドルとユーロが中心で、大量の香港ドルを保有したとしても、それは企業活動にとって限定的である」と付け加えている。

工商銀行:インターネットバンキング市場規模34%

済龍 China Press 2014/8/7 15:14

 2014年8月7日、中国調査会社、易観国際が2014年第2四半期半期のインターネットバンキング市場報告を発表した。

 統計によると2014年第2四半期、中国市場におけるインターネットバンキング取引総額は、2013年同期と比較して27.8%増加し、382兆7000億元(約6358兆円)に達した。
 同期、中国インターネットバンキングの市場シェアは、工商銀行が34.0%を占め最大。以下、建設銀行が15.3%、農業銀行が14.0%、中国銀行10.8%、交通銀行7.2%、招商銀行5.2%となっている。

中興通訊(763)為全球領先的綜合通信解決方案提供商,同時亦是全球第四大手機生產製造商。在去年內地三大電訊商4G LTE主設備招標,集團的份額綜合排名第一。繼內地三大電訊商獲發放TD-LTE牌照後,中電信和聯通早前獲准開展LTE FDD和TD-LTE混合組網試驗,各大電訊商的資本開支料加大,有助為集團帶來更多機遇。集團與內地三大營運商建立長期合作關係,運營商網絡收入為主要業務,去年收入佔比54.1%。

截至今年3月底首季,集團營業額按年增5.51%至190.53億元(人民幣,下同),純利增逾2倍至6.22億元。受惠於國際合同毛利率改善、以及國內4G系統項目營收佔比增加,集團最近將今年上半年純利預測上調,由8億至10億元向上修正為10億至11.5億元,按年增長222.57%至270.96%。

集團去年終端產品分部盈利下跌9成至1,795萬元,然而內地智能手機需求持續,集團預計今年的手機出貨量目標為6,000萬台,當中約4成為4G手機,有助相關業績改善。另外,集團最近與中國銀聯簽署移動支付合作協議,在移動支付產品研發、市場營銷推廣、風險防範等領域展開全面合作 。
走勢上,7月15日裂口高開,形成「大陽燭」重上10天、20天和100天線,STC%K線升穿%D線,MACD維持牛差距,可候低20天線15.6元(港元,下同)吸納,反彈阻力17.1元,不跌穿15.1元續持有。

whitenoten:

 

Terracotta Army, Xian / China

(yellowblogから)

 2014年8月1日、中国市場調査会社、オールビューコンサルティング(AVC)が、2014年上半期のテレビ市場統計データを発表した。

 報告によると、中国市場2014年1月―6月のテレビ販売台数は、2013年同期と比較して9%減少し、2093万台となった。
 上半期のテレビ販売総額は、前年同期比12%減の683億元(約1兆1381億円)にとどまっている。

 なお、中国市場2013年のテレビ販売台数は、2012年比13%増の4781万台であった。